お小遣い稼ぎ - アラサーリーマンの小遣いブログ
2019/06/27

【ポイ活】楽天スーパーポイントの貯め方

お小遣い稼ぎができるポイントサイトはいくつもある。
元々はモッピーを推してたが、問い合わせ対応の悪さなどを実感して、モッピーではなく、ハピタスをイチオシしてる。

最近、この記事のアクセスが増えている。

お小遣いサイト「モッピー」を利用していて、俺みたいに問い合わせ時いやな思いをした人が多いのだろう。だからこそアクセス数が増加している。

ポイントサイトで入るべきポイントが入らないというトラブルは、どこのサービスでも起こり得る。
問題は、そういったトラブルに直面したユーザーに対し、ポイントサイトがどう対応するかだと思う。その点でハピタスはモッピーより明らかに上だし、だからこそハピタスをおすすめしてる。

というわけで今回の記事では、ポイントサイト「ハピタス」でポイントを稼ぎながら、楽天スーパーポイントも稼ぐ方法を紹介したい。

まずは、楽天ウェブ検索。
楽天ウェブ検索
楽天ウェブ検索レヴュー

普段からよくインターネットで検索する人やコツコツ稼ぐのが好きな人におすすめのサービス。
自分は毎日30口検索してるから、毎日5ポイントもらっている。
楽天ウェブ検索30口

検索バーに文字入力しなくても、こういった↓[他のキーワード]や[急上昇ワード]をクリックでいけるから、意外と30口検索は簡単。
他のキーワード
急上昇ワード

楽天ウェブ検索では、たまにこういう↓クリックポイントもゲットできる。
クリックポイント

楽天スーパーポイントは、楽天が運営するアンケートサイト「楽天インサイト」でも貯めることができる。
楽天インサイト

そして、そうやって貯めた楽天スーパーポイントは、最近取り扱い店舗が増える一方の楽天ポイントカードで使うことができる。
しかも、利用額に応じて、楽天スーパーポイントが貯まる。
100円で1ポイントというところが多いが、200円で1ポイントというところもある。

普段、ネット通販で楽天市場をよく使うという人は、ハピタス経由に変えるだけでも、ポイ活がはかどること間違いなしだ。
楽天市場

記事のまとめ
楽天ポイントでもハピタスポイントでも、
ポイ活で稼いで将来に備えて貯金しましょう。
国は当てにならないから。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



2019/05/08

小銭を求めるホームレスと彼を指差して笑う中学生

ゴールデンウイークのいつだったか、散歩していて、市内に住みついているホームレスを目にした。
彼はいつも同じ格好で、その服はすっかり汚れていて、毎日街を徘徊しているから、このあたりでは有名な人だった。

彼が歩道を逸れて、コインランドリーのほうへと向かった。
コインランドリーに用があるのかと思えばそうではなくて、彼はコインランドリーの外にある自動販売機の前に行った。
そして、その自販機の釣り銭口に手を突っ込み、そこに何も発見できなかったらしく、今度は、地面の声を聴くようにして、自販機の下をのぞきこんだ。

そのときだった。笑い声がしたのは。

笑い声がしたほうには凹を思わせる背丈の3人組がいた。
3人とも中学ジャージを着ていて、サッカーボールを持ったまんなかの小さい男が、もう一方の手で、小銭を求めるホームレスを指差して笑っていた。

間違いなくまんなかのやつが一番悪いが、両側の二人もどうかと思った。
ふつう友達がそういうことしたら注意しないか?
しないから同類なのだろう。

類が友を呼んだ3人組は、ホームレスを嘲笑ってホームへと帰っていった。

そこまでして小銭が欲しいホームレスには「生きる」という切実な理由があって、それを笑うのは間違っている。

ホームレスには金を得る手段が限られていて、自販機で小銭を手に入れるか、アルミ缶を拾って売ることぐらいしか出来ないのだ。

彼らを思えば、ホームがある自分は恵まれている。
ホームには売れるものだってあるからだ。

そして、売るときにはポイントサイトを利用して得も出来るからだ。
ハピタス1 ハピタス2

売れるものがある人は、ハピタスを利用したらいいと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/04/28

ブックオフの買い取り金額について思うこと

本棚がいっぱいになったから、漫画を処分しようと思った。
そこで、二つの選択肢が頭に浮かんだ。

近所のブックオフに持って行くか、
ポイントサイトのハピタス経由で、宅配買取サービスを利用して、本を売った金とポイントサイトのポイントを二重取りするかだ。
こうやって並べてみれば、後者のほうが手に入る金が多いのは当然だが、宅配買取って利用したことないけどめんどうくさそうだなーと思ってしまって、ブックオフへと足を運んでしまった。

近所と言ってもそれほど近くはなくて、本を詰めた紙袋の紐を手に食い込ませながら、15分か20分ぐらい歩いて持って行ったけど、買い取りカウンターに置いたときの理想は、5分ほど後に伝えられた査定結果の現実に打ち砕かれた。

ブックオフのカウンターで打ちのめされ愕然としたのは、あの時の俺だけではないはずだ。
いつかのあなたも、まさかの価格に打ちのめされたはずだ。

持って行ったのは18冊で全て漫画本。
売れたのは14冊で、4冊は売れなかった。
14冊の漫画は、100円玉一枚になって帰ってきた。
10円×6冊+5円×8冊で100円だ。
たった100円だ。

ブックオフに本を売りに行って査定価格の低さにショックを受けるのは、単に買った時の価格より大幅に下がっているというだけじゃなくて、自分が過ごした時間すら否定されるような気にさせられるからではないだろうか?

その本と過ごした時間にすら、5円や10円という値付けをされた。そう思えてしまうから大きなショックを受けるのだ。

この経験で思ったのは、宅配買取めんどうくさそうだなーなんて、手間を惜しんでは駄目だなということだ。

次に本売るときは、お小遣いサイトのハピタス経由で宅配買取サービスを利用しようと決意を固くした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/03/27

優良ポイントサイト「ハピタス」でTwitterフォロワー応援プログラム開催中!

ポイントサイトのハピタスでちょっとおもしろいツイート募集キャンペーンをやっている。
ハピタスについての川柳を募集しているのだ。

やり方は簡単!

ハピタス公式アカウント@HapitasOfficial をフォローして、ハピタスに関連した川柳をつくったら、#ハピタス川柳のハッシュタグをつけて投稿するだけ


それがハピタス公式に選れれば、表彰されるだけじゃなくて、ハピタスポイントを1000ポイント(円)プレゼント!

すでに会員の人も、まだ会員じゃない人も、ハピタス川柳をつくってチャレンジしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/01/12

キーボード壊れて楽天ウェブ検索でちまちま稼いでZOZO前澤友作社長の一億円お年玉に外れた年始だった

正月、ノートパソコンが壊れた。
ディスプレーとキーボードをつなぐ折り畳み部分のつなぎめが壊れたから、画面の3辺をガムテープでくっつけてる状況だ。
それに加え、キーボードもおかしくなって、「n」と「z」と「b」とスペースキーと変換キーが反応しないから大変だ。
変換キーが使えなくても、パソコンがこれまでの記憶で予測変換してくれるからんとかなってるが、大変なことには変わりない。
特に大変なのがな行だ。
な行という字も、ウィキペディアな行ページからコピペしてる。
z」と「b」はともかく、「n」は使用頻度高いからきつすぎる。
たとえば「人間」と打つとき、「ひとあいだ」と打たなければいけない。「n」を使わないでほかのキーでの入力を考えないといけないから、くそかったるい。

保証期間は過ぎてたから、ノートパソコンが壊れたとき修理いくらかかるか、販売元の富士通電話して聞いてみたら、めちゃくちゃ高い修理代金を言われたから、新しいパソコン買うことを決め、もう富士通パソコンを買わないことも決めた。
3年使ったぐらいで画面が剥がれて、キーボードが反応しなくなるものをもうつかまされたくない

パソコンを買い替えるのもそうだが、生きていくにはきれいごとなんか言ってられないぐらい金が必需品で、だから楽天ウェブ検索で地道に稼いでる。
インストールしてあるこの楽天ウェブ検索

キャプチャa 

んでもいいから検索すれば、それだけでポイントをもらえる。
検索エンジンとして普通に使えるし、楽天スーパーポイントも稼げるから、一石二鳥だ。
「FC2ブログ」で検索してみるとこんな感じだ。

キャプチャc 
これで、毎日楽天スーパーポイントを5ポイントもらってる。

キャプチャd 
そうやって地道に稼ぐのが好きな人は↓のアフィリンクから登録してくれると嬉しい。パソコン版をインストールしてくれると、俺に少し収入が入る。スマホ版は対象外らしい。

楽天ウェブ検索と、楽天インサイトというアンケートサイトで楽天スーパーポイントを稼いで、そのポイントを、楽天ポイントカード加盟店マクドナルドやミスタードーナツやデイリーヤマザキで使ってる。
キャプチャe 
楽天インサイトは、ポイントサイトハピタスで登録すると得ですよ。

キーボード壊れて苦労し、楽天ウェブ検索で少額をコツコツ稼いでいたそんな正月、ZOZO前澤社長が、一億お年玉、百万円を百人にあげるとスケールでかいことを言い出した。

会社の上司から話をきいて、競争率高すぎるから、外れることは分かり切ってたが、それでも一応はZOZO前澤友作社長をフォローしてリツイートした。
しかしというかやっぱりというか、俺も上司もお年玉外れた。

俺みたいな人が、日本中に何万もいた。
そりゃあみんな、金がもらえるってなら欲しいさ。
金あれば苦労が減るし夢だって実現できるから。

一億もお年玉プレゼントできるんて普通にすごい。いや、異常にスゴイと言うべきか。
お年玉プレゼント外れた上司は言った。
「またやるみたいじゃん、お年玉。んか金持ちにもてあそばれてるな」
本当にその通りだ。

ZOZO前澤社長のこの一件で、んかあれを思い出した。
ギヴミーチョコレート

遥か昔、戦勝国アメリカ兵士に、敗戦国日本の子供たちが甘くておいしいチョコレート欲しさ群がったように、資本主義世界でZOZO前澤友作社長は大勝利者で、経済的強者だからこそ一億円を赤の他人にあげる余裕があるし、その余裕を見せて優越感にひたることだってできる。

金を持つ者と金を持たない者との間にあるとてつもない格差を見せつけられた、そ正月だった。
このエントリーをはてなブックマークに追加