2019年01月 - アラサーリーマンの小遣いブログ
2019/01/12

キーボード壊れて楽天ウェブ検索でちまちま稼いでZOZO前澤友作社長の一億円お年玉に外れた年始だった

正月、ノートパソコンが壊れた。
ディスプレーとキーボードをつなぐ折り畳み部分のつなぎめが壊れたから、画面の3辺をガムテープでくっつけてる状況だ。
それに加え、キーボードもおかしくなって、「n」と「z」と「b」とスペースキーと変換キーが反応しないから大変だ。
変換キーが使えなくても、パソコンがこれまでの記憶で予測変換してくれるからんとかなってるが、大変なことには変わりない。
特に大変なのがな行だ。
な行という字も、ウィキペディアな行ページからコピペしてる。
z」と「b」はともかく、「n」は使用頻度高いからきつすぎる。
たとえば「人間」と打つとき、「ひとあいだ」と打たなければいけない。「n」を使わないでほかのキーでの入力を考えないといけないから、くそかったるい。

保証期間は過ぎてたから、ノートパソコンが壊れたとき修理いくらかかるか、販売元の富士通電話して聞いてみたら、めちゃくちゃ高い修理代金を言われたから、新しいパソコン買うことを決め、もう富士通パソコンを買わないことも決めた。
3年使ったぐらいで画面が剥がれて、キーボードが反応しなくなるものをもうつかまされたくない

パソコンを買い替えるのもそうだが、生きていくにはきれいごとなんか言ってられないぐらい金が必需品で、だから楽天ウェブ検索で地道に稼いでる。
インストールしてあるこの楽天ウェブ検索

キャプチャa 

んでもいいから検索すれば、それだけでポイントをもらえる。
検索エンジンとして普通に使えるし、楽天スーパーポイントも稼げるから、一石二鳥だ。
「FC2ブログ」で検索してみるとこんな感じだ。

キャプチャc 
これで、毎日楽天スーパーポイントを5ポイントもらってる。

キャプチャd 
そうやって地道に稼ぐのが好きな人は↓のアフィリンクから登録してくれると嬉しい。パソコン版をインストールしてくれると、俺に少し収入が入る。スマホ版は対象外らしい。

楽天ウェブ検索と、楽天インサイトというアンケートサイトで楽天スーパーポイントを稼いで、そのポイントを、楽天ポイントカード加盟店マクドナルドやミスタードーナツやデイリーヤマザキで使ってる。
キャプチャe 
楽天インサイトは、ポイントサイトハピタスで登録すると得ですよ。

キーボード壊れて苦労し、楽天ウェブ検索で少額をコツコツ稼いでいたそんな正月、ZOZO前澤社長が、一億お年玉、百万円を百人にあげるとスケールでかいことを言い出した。

会社の上司から話をきいて、競争率高すぎるから、外れることは分かり切ってたが、それでも一応はZOZO前澤友作社長をフォローしてリツイートした。
しかしというかやっぱりというか、俺も上司もお年玉外れた。

俺みたいな人が、日本中に何万もいた。
そりゃあみんな、金がもらえるってなら欲しいさ。
金あれば苦労が減るし夢だって実現できるから。

一億もお年玉プレゼントできるんて普通にすごい。いや、異常にスゴイと言うべきか。
お年玉プレゼント外れた上司は言った。
「またやるみたいじゃん、お年玉。んか金持ちにもてあそばれてるな」
本当にその通りだ。

ZOZO前澤社長のこの一件で、んかあれを思い出した。
ギヴミーチョコレート

遥か昔、戦勝国アメリカ兵士に、敗戦国日本の子供たちが甘くておいしいチョコレート欲しさ群がったように、資本主義世界でZOZO前澤友作社長は大勝利者で、経済的強者だからこそ一億円を赤の他人にあげる余裕があるし、その余裕を見せて優越感にひたることだってできる。

金を持つ者と金を持たない者との間にあるとてつもない格差を見せつけられた、そ正月だった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/01/05

宅配業者を装うショートメール詐欺に注意!!

佐川急便を装う詐欺ショートメッセージが来たので報告。

メールの文は以下の通り
「お客様宛にお荷物お届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。下記よりご確認ください。」
という文の後にウェブサイトのアドレスが書かれていて、そのアドレスには「sagawa」と入っていた。
これは詐欺だろうと、すぐに思った。

そのショートメールを詐欺だと判断したにはいくつも理由があって
①佐川急便に電話番号を教えたことがない。
②何も注文してないから届く予定のももない。
③メールにはこちらの名前も住所も書いてなくて、相手はこちらの電話番号だけしか知らないようだ。電話番号数字の羅列を変えて手当たり次第に送ってる感が溢れ詐欺臭プンプン。
④自宅の郵便受けに佐川急便不在連絡票が入っていなかった。
⑤配達会社がショートメールで連絡してくるんて聞いたことがない。
特に④不在連絡票で詐欺だと確信した。

佐川急便のふりする詐欺師は当然佐川急便からすれば大迷惑で、佐川急便も注意喚起してる。

佐川急便のふりした詐欺ウェブサイトにアクセスすると、不正アプリをインストールさせられたり、ウイルス感染してしまうという。そして個人情報が駄々洩れになってしまう。
怖い話だ。そして許せない話だ。
ショートメールとか宅配業者とか生活の身近なところからも、詐欺の魔の手はルフィやダルシムみたいにいくらでも伸びてくるのだ。

インターネットの普及で便利になっている一方で、それを悪用するクズ詐欺師たちもいるのだ
だからこそ、ただ注意するだけでなくインターネットセキュリティで備えることも大事だ。
世界4億人のシェアを誇るセキュリティソフト【アバストなら、フィッシング詐欺などインターネットの脅威からユーザーを守ってくれる。

注意喚起のためにも、の記事【佐川急便のふりしたSMS詐欺をシェアお願いします。
過去記事にも詐欺についての記事あるんでこっちもチェックよろしくっす。
芸能界詐欺の記事↓と
出会い系詐欺の記事↓
このエントリーをはてなブックマークに追加